■FC2カウンター

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
これぞハリウッド映画!まさにダイヤモンドな作品
自慢することでもないが、生まれてこのかた、誰かの為に宝石をプレゼントしたことがない。だから詳しくもないし、興味もない。

婚約指輪と結婚指輪はどこが違うのか?ダイヤはどっちにつくの?給料の3ヶ月分って誰が決めたの?いろんな疑問があるが、ちょっと考えただけでもこれだけ浮かぶということは、今の生活に宝石がどれだけ関係してないかがわかる。

ダイヤモンドが並んだショーケースの前を通ることは何度かあったが、今度からは意識するようになるかもな。

『タイタニック』に出演したことで、いろいろ批判されているレオナルド・ディカプリオ。個人的には『ボーイズ・ライフ』、『ギルバート・グレイプ』、『太陽と月に背いて』、『マイ・ルーム』など観てきて、好きな俳優の一人です。本作でアカデミー主演男優賞にノミネートされたが、それも納得の熱演だった。『ディパーテッド』を観てないが、おそらくこっちの方が素晴らしいはず。

アフリカ人を演じたジャイモン・フンスーが、これまた凄かった。『グラディエーター』など大作に出まくっている黒人俳優だが、正直これまでは印象が無かった。ただ、アカデミー賞授賞式でもクールでカッコ良かったし、彼の演技には圧倒された。

そして、紅一点のジェニファー・コネリー。ノーメイクで、ソバカスとかも目立つんだが、とにかく綺麗。アメリカ人の美女というと、彼女が真っ先に浮かぶ。何かのアンケートでドリュー・バリモアが選ばれたらしいが、僕としては断然彼女だな。ポール・ベタニーとはピッタリだよなあ、離婚はしないで欲しいな。作品の中で特に印象に残るわけでもなく、いなくてもいいわけでもなく、良かった。これまた好きなケイト・ウィンスレットと共演している『リトル・チルドレン』の公開が楽しみ。

監督は、『戦火の勇気』『ラストサムライ』のエドワード・ズウィック。アクションは迫力満点、社会的メッセージもあるし、人間ドラマも深いし、ラブストーリーでもある。予想以上に素晴らしい作品だった。これは、ほんとオススメ!!

『ブラッド・ダイヤモンド』★★★★☆

ここからネタバレ。


この映画で印象的なのは、レオとジェニファーの恋愛。ジャングルの中の村で、明らかに二人の距離が近づいたんだけど、安易にラブシーンにいかなかったのが良かった。最後の別れのときには、正直あるだろうと思ったら、そこでも無かった。監督は『ラストサムライ』でも、トム・クルーズと小雪の間にキスは無かったはず。この奥ゆかしさ(?)に好感持てた。

『24』シーズン4でも出ていた、ニコラス・ケイジ似の俳優アーノルド・ヴォスルーが出てきたときには、これは悪いヤツなんだろうなと思ったけど、やっぱり。

主人公ダニー・アーチャーが、女性ジャーナリストのマディー・ボウエンと猟師ソロモン・バンディーと出会うことで、徐々に心に変化が生まれる感じを見事に演じてた気がする。ディカプリオは凄い。

2007年は個人的に豊作だ。『リトル・ミス・サンシャイン』『ドリーム・ガールズ』に続き、本作もマイベスト候補にノミネートだ。
スポンサーサイト
★5~4.5個 | 03:58:31 | Trackback(2) | Comments(6)
コメント
大使館スタッフを目指して30代,40代で転職
大使館スタッフは、日本にある外国大使館のスタッフとして、国際交流の前線に立つ http://tabbouleh.rcrane4law.com/
2008-12-03 水 14:57:18 | URL | [編集]
日光性黒子の美容効果
日光性黒子とは、老人性色素斑とも言われシミの種類の中で最も多い種類です http://manicure4.victoriaclippermagazine.com/
2008-10-19 日 22:14:37 | URL | [編集]
>たう
いやー、ごめんごめん。2本ストックがあるんだけどね。お楽しみに(笑)。

『ザ・シューター 極大射程』は予告編を観たけど、陰謀モノっぽいね。ダニー・グローバーが『ソウ』以来、復活してきた感じがして微笑ましかったよ。
2007-05-24 木 03:35:55 | URL | り~ちゃん [編集]
シューター
書くとこないからここに報告(笑)。

・シューター 評価:★★☆ 
スティーブン・ハンターの原作「極大射程」の映画化。海兵隊のスナイパー、ボブ・リー・スワガーが活躍するアクション。冒頭から、「これは原作の設定だけを借りた別物だ!」と自分を納得させながら鑑賞。原作はとっても面白いんだが・・・。映画化は失敗だな。
個人的に、アントワン・フークアとは相性が悪いらしい。彼が監督した作品は、どれもこれも何となく後味が悪く、好きになれない。特にラスト。今回も同様。
マーク・ウォールバーグは悪くなかったが、映画を観るなら、原作をお勧めしますわ。
2007-05-22 火 16:16:43 | URL | taunsend [編集]
>たう
いやー、良かったよ。映画サイトの評価ランキングでも1位だったので、改めて自分の好みが一般的かわかった(笑)。

彼はまだまだ若いんだよね。これからオスカー獲れるよね、きっと。
2007-05-13 日 22:46:12 | URL | り~ちゃん [編集]
観たんだね!
恋愛の描き方については、おいらも秀逸だと思ったな~。お互いの気持ちを察しながらも何も無いからこそ、ラストの切なさ倍増って感じたっすよ。

ディパーデットと両方観たけど、こちらで主演男優賞ノミネートに納得したよ。デカプリオ、一時期は背伸びしすぎじゃ~ん?って思ったけど(アビエイターとか、ギャング・オブ・ニューヨークとか)、良い俳優さんになったな~と感慨が深かった(笑)。
「ギルバート・グレイプ」の頃から注目していた甲斐がありやした。
2007-05-11 金 16:20:50 | URL | taunsend [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

戦火の勇気
戦火の勇気1996年11月2日 | 上映時間 = 117分| 製作国 = アメリカ| 言語 = 英語| 制作費 = $46,000,000| 興行収入 = | 前作 = | 次作 = | allcinema_id = 51436| kinejun_id =| amg_id =| imdb_id = 0115956}}『戦火の勇気』(Courage Under Fire)はア 2007-06-15 Fri 04:58:08 | しおんのブログ
ブラッド・ダイヤモンド/ Blood Diamond
レオナルドディカプリオが、今年のアカデミー賞、主演男優賞でノミネートされた作品{/ee_3/}結果としてはアミン大統領を熱演したつるべーフォレストウィテカーに持ってかれちゃったけど、(さすがにあの演技には負けるね)ゴールデングローブ賞でもこの作品と『ディパーテッ 2007-05-14 Mon 23:40:13 | 我想一個人映画美的女人blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。