■FC2カウンター

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第79回米アカデミー賞授賞式って、いいね!-第4回-
------------------------
脚色賞
------------------------
ヘレン・ミレン&トム・ハンクスはプレゼンター。『ディパーテッド』が受賞。本作もオリジナルの『インファナル・アフェア』も観てないけど、けっこうそのまんまらしい。作品賞まで獲るとは…。

エレンが、オスカー像を持ち運ぶ道具を宣伝。

------------------------
衣装デザイン賞
------------------------
『プラダを着た悪魔』で共演したアン・ハサウェイ&エミリー・ブラントが登場。客席にいる笑顔のメリル・ストリープの姿をカメラがとらえる。

「カプチーノ忘れた」とアンを言うと、さっきまでのメリルの表情が一変。ミランダを彷彿とさせる冷徹な表情に。このくだりはサイコーに面白かった。ある程度決められたコントだったとは思うけど、メリルの女優振りとアン&エミリーの震え上がる感じが良かった。

受賞したのは『マリー・アントワネット』。女性に支持されている作品だよねえ。うちの弟は一人で観に行ったらしい。。。

------------------------
ジーン・ハーショルト友愛賞
------------------------
トム・クルーズがプレゼンター。パラマウント社とケンカしたらしいが、受賞したのはパラマウント社のシェリー・ランシングって女性。

エレンがまた客席を散歩。また、大御所いじり。今度はクリント・イーストウッド。「マーティン・スコセッシには脚本を見せたのにズルイじゃないか」というアドリブを冷静に交わし、ブログにアップするために一緒に写真に映って欲しいとエレン。

撮るのを頼んだのが、スピルバーグ監督。一度じゃ納得せず、二度撮らせた。これには笑った。

------------------------
撮影賞
------------------------
グウィネス・パルトロウが登場。オスカー女優にしては最近落ち目じゃないか?ブロンドの髪はきれいだけど、ドレスが変だった。

『パンズ・ラビリンス』が受賞。けっこう渋いところを持っていってます。映画製作に興味ある人は必見の作品かも知れない。

影絵パフォーマンスは『リトル・ミス・サンシャイン』のミニバス。

(CM)

------------------------
視覚効果賞
------------------------
なぜこの2人かわからんが、ナオミ・ワッツ&ロバート・ダウニー・Jr.がプレゼンター。ロバートの「視覚効果なら、90年代の自分は週末にいつも見てた」という自虐ギャグが受けてた。

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』が受賞。この映画観てないんだよなあ。機会を逸した感じ。

カトリーヌ・ドゥヌーヴ&渡辺謙が登場。外国語映画賞50周年ということで、ジュゼッペ・トルナトーレ監督が再編集したVTRを上映。個人的には『ライフ・イズ・ビューティフル』が印象的。

客席にニコール・キッドマンが旦那と映ってた。仲良さそう。

------------------------
外国語映画賞
------------------------
プレゼンターは、クライヴ・オーウェン&ケイト・ブランシェット。さっきの2人でも良さそうなのに、なんと贅沢な。

これまでの流れで行けば、間違いなく『パンズ・ラビリンス』なんだろうが、ドイツ映画『善き人のためのソナタ』が受賞。『パンズ…』の監督、悔しそうだったなあ。逆に物凄く嬉しそうなスピーチでした。

エレンが影絵パフォーマンスに挑戦。犬とか鳥とかしょーもないのをやってると、周りから他の人が集まって、最後はワケのわからない形が出来上がった。一体あれはなんだったんだろ…。

------------------------
助演女優賞
------------------------
去年、『シリアナ』で助演男優賞を受賞したジョージ・クルーニーがプレゼンター。相変わらずカッコイイ。ジョークも上手い。

結局、菊地凛子さんは受賞しなかったのはご承知の通り。大本命のジェニファー・ハドソンがめちゃくちゃ興奮してるのがわかったけど、それよりもビヨンセが自分のことのように喜んで涙してたのが印象に残った。彼女はいい子だ。

スピーチが終わって、「わお!」と舞台袖に帰っていくんだけど、後ろからジョージがエンベロープを渡す。ジェニファーのそっけない反応がウケた。父と娘みたいな感じ。

(短編ドキュメンタリー賞へと続く)
スポンサーサイト


注目! | 02:31:21 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
シンクタンクと30代,40代の転職
シンクタンクとは、政治や経済などの専門家が集って、さまざまな問題に関する調査やレポートを行う政府や民間の機関のこと http://haute.sentesag.com/
2008-12-12 金 05:57:29 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。