■FC2カウンター

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第79回米アカデミー賞授賞式って、いいね!-第2回-
-------------------------
授賞式スタート。
-------------------------
ノミネートされた人がみんな出演するVTRから始まる。この演出は良かったな。彼らが皆立ち上がって、彼ら自身を称える。いいシーンでした。

今年のMCエレン・デジェネレスは『ファインディング・ニモ』のドリーの声を演じたコメディエンヌ。49歳とは思えぬ若さだったな。とにかく服装が毎度出てくるたびに違ってた。ドレスではなく、スーツ姿。
ジョークは受けてたけど、個人的にはビリー・クリスタルの司会が好きだな。

オープニングの最後に、ゴスペル隊が出てきて、ダメ押しばかりにノミネートを称える歌のプレゼント。エレンはタンバリンを持ってステップ踏んでた。これは正直中途半端だったなあ。客席で立ち上がっている人は半分ぐらいだった。

------------------------
美術賞
------------------------
最初のプレゼンターは、“新ボンド”ダニエル・クレイグとニコール・キッドマン。ダニエルのマッチョぶりが目立った。胸板かなり厚い。逆にニコールは細っ!!背も高いから余計細く見える。ブロンドのストレートヘアも似合ってた。

受賞したのは、この秋公開のファンタジー映画『パンズ・ラビリンス』。これ、結構評判いいんだよね。監督は『ブレイド』シリーズのギレルモ・デル・トロ。メキシコ、スペイン、アメリカの合作ってのが面白い。

------------------------
ゴードン・E・ソーヤー賞
------------------------
エンジニアを称える賞。マギー・ギレンホールが紹介してました。弟のジェイク・ギレンホールに似てないな…。そんなにキレイでもないし…。かわいらしい感じ。

今年の授賞式でたびたび登場する影絵を使ったパフォーマンス。まずはオスカー像を表現。ふ~んって感じでした。

------------------------
メイクアップ賞
------------------------
ここで、プレゼンターであるウィル・フェレルが歌声を披露。ピアノ伴奏マーク・シャイマン(『天使にラブソングを』など担当)。

コメディアンにはアカデミー賞は冷たいって内容で、上手かった。そこへ、ジャック・ブラックがロック調で乱入。2人でオスカー候補にケンカを売るんだけど、客席から突然ジョン・C・ライリーが登場。彼も『シカゴ』などミュージュカル作品に出てるだけに歌が上手い!!

こうして揃った3人が「ヘレン・ミレンとオスカー像を連れて帰るんだ」と締めて大喝采。このパフォーマンスはホント受けた。

受賞したのはまた『パンズ・ラビリンス』。特殊効果に興味あるファンには気になる作品になりそうだね。

カメラは舞台裏のエレンへ。欠席したジュディ・デンチをジョークのネタにしてました。膝の手術で欠席なんだけど、それを目と。面白さがわからん。。。

------------------------
短編アニメ映画賞
------------------------
プレゼンターは、『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンちゃんと、ウィル・スミスの息子J・C・S・スミスくん。彼がセリフを間違えるハプニングも微笑ましかった。

受賞したのは『ザ・デニッシュ・ポエット(原題)』。

------------------------
短編実写映画賞
------------------------
同じく子供たちが発表した短編実写映画賞は、「ウエスト・バンク・ストーリー(原題)』。スピーチは短編映画製作の苦労を語ってた。

(変わったパフォーマンスへと続く)
スポンサーサイト


注目! | 03:18:12 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>たう
相変わらず観るの早いねー。

アカデミックな感じで入ったレビューが最後はブラック&ユーモアに仕上げられてて見事でした。
この作品は観たいんだ。ただいま試写会応募中。
2007-03-08 木 00:42:30 | URL | り~ちゃん [編集]
豪華絢爛
アカデミー賞って、お祭りっぽい授賞式が楽しくて好きだな~。ニコール・キッドマンの真っ赤なドレスが美しかった!

さて、鑑賞報告

・ブラッド・ダイアモンド 評価:★★★★
ダイヤモンドの質は、4つのc、color(色)、cut(カット)、clarity(透明度)、carat(カラット)で決まるとされている。が、5つ目のc、「conflict(争い)」があることを忘れてはならない。アフリカではダイヤモンドが内戦の資金源として用いられ、戦火の拡大・長期化を助長している現実が存在する。それらは、産地不明のダイヤを「美しいから」と購入する消費者の財布から出た資金に基づいている・・・。
という現実を、エンターテイメント性を失うことなくきっちり問題提起しながら最後まで緊張感を保った秀作。決して楽しい気分になれる作品ではないものの、ダイヤモンドを彼女にねだられた男性は、デートで誘うと良いかもね。
ダイヤモンドなんて、炭素の塊で燃えちゃうんだぞ~と言っても欲しいという女性がこの映画を観て、それでも欲しい!と言う様なら関係を考え直すことをお勧めします(ブラック過ぎる?)。
2007-03-06 火 14:20:31 | URL | taunsend [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。