■FC2カウンター

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第79回米アカデミー賞授賞式って、いいね!-第1回-
先週の月曜日に行われた、第79回アカデミー賞授賞式を振り返ります。今年は、候補者やプレゼンターに登場するセレブも豪華だったし、結果ではちょっとしたサプライズもあり、全体的に面白かった。
-------------------------
レッドカーペット
-------------------------
例のごとく、セレブたちの画像は、以下のサイトでご覧ください。映画雑誌に負けてません。
「我想一個人映画美的女人blog」
-------------------------
『ボディ・ガード』の授賞式シーンでも本人役で登場してた、クリス・コネリーというリポーターが登場。

真っ先に登場したのはレオナルド・ディカプリオ。今年は隣に恋人がいなかったな…。うっすらヒゲ面でオールバック、ちょっと薄くなってきてるな。今年で33歳。いろんな役に挑戦して欲しい。

赤いドレスのニコール・キッドマンと、同じオーストラリア出身で親友のナオミ・ワッツ(こちらは黄色いドレス)が揃って登場。手をつないで仲が良さそう。ブロンドの髪がきれいでした。

『ドリーム・ガールズ』で助演女優賞にノミネートされた、ジェニファー・ハドソンがダースベイダーのようなドレスで登場。映画を観てないけど、人相を見る限り性格は悪そう。受賞して調子に乗らなきゃいいけどね。

『リトル・ミス・サンシャイン』に出演したスティーヴ・カレル。きっちりした七・三の古い二枚目顔。「サタデー・ナイト・ライブ」出身らしく、リポーターにジョークで応えてた。

『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、そして衣装デザインを担当しているパトリシア・フィールド(『セックス・アンド・シティ』シリーズ』も)が登場。このパトリシアが個人的には邪魔だった(笑)。一言で言えば、“ドギツイ”。

-------------------------
(CM)
-------------------------

ペネロペ・クルスが登場。ピンク系のドレスで、これは似合ってた。髪を後ろにまとめて、これぞ!スパニッシュ・ビューティー!

ウィル・スミスと奥さん、息子。家族円満な感じで好感持てる。彼は来日してもサービス精神旺盛で、性格はメチャクチャ良いと思うな。

キャメロン・ディアス。日焼けしてるけど、ドレスは真っ白で地味め。彼女の輪郭が四角いことを再認識。ジャスティンと復縁したって噂はどうなんだろか。

今回、悲劇の主人公になることとなる、エディ・マーフィ夫妻。受け答えが凄い落ち着いてて、気味悪かった。コメディアンってのは暗い人間が多いんだよな、きっと。ジム・キャリーもビル・マーレイも普段は相当おとなしくて、気難しいはず(たぶん)。

キラキラ輝くドレスに身を包んだケイト・ブランシェットは相変わらず美しい。子供を産んでしばらく休養してたらしいけど、なんか毎年出席してる気がする。

ライアン・ゴズリングは妹と母親と出席。今年27歳と若いし、初ノミネートを楽しんでいる様子。主演男優賞の候補になった『ハーフ・ネルソン(原題)』は日本公開されるんだろか…。ヘビーそうだけど、楽しみ。

-------------------------
(CM)
-------------------------

マーク・ウォールバーグ。彼は結婚してるんだっけ?インタビューでは隣はいなかったけど、授賞式の席では女性がいたな。彼の代表作と言えば、個人的には『ミニミニ大作戦』が面白かったな。

メキシコ出身の3人、ギレルモ・デル・トロ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、(たぶん)アルフォンソ・キュアロン。今年のアカデミー賞は国際色豊かで、目立ったのはメキシコ勢。今後もこの3人がメキシコ映画界を引っ張るんだろうな。

個人的に大好きなケイト・ウインスレットがグリーンのドレスで。相変わらずキレイだし、健康的な美しさだった。夫のサム・メンデス監督とも順調で良かった。最新作『リトル・チルドレン(原題)』での大胆な脱ぎっぷりを質問されてたが、真面目に応えていて素敵だった。

イギリス人が続いて、ヘレン・ミレンが登場。かなりお歳を召されているとは思うけど(今年で62歳)、若いなあ。旦那さんは『Ray/レイ』のテイラー・ハックフォード。

授賞式直前の番組では、彼女がラストでした。最初がディカプリオで最後がヘレン・ミレン。主演男優候補と主演女優候補という組み合わせだったわけ。ただ、この結果にならなかったのは皆さんもご承知の通り。

(授賞式へと続く)
スポンサーサイト


注目! | 01:25:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。