■FC2カウンター

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ある家族に降り注ぐ、サンシャインは君だ
リトル・ミス・サンシャイン


昨日発表された第79回アカデミー賞授賞式。さきほどレッドカーペットの途中まで観ましたが、今回も豪華なメンバーが勢揃い。毎年恒例の振り返りは後日ということで。

助演男優賞(アラン・アーキン)、オリジナル脚本賞の2部門で受賞し、個人的には嬉しかったな。欲を言えば、作品賞まで獲っちゃえば面白かったのに…。

パッとしない古い二枚目グレッグ・キニア、『シックス・センス』のお母さん役トニー・コレット、TVドラマ「The Office」のスティーヴ・カレル、前述したアラン・アーキンなど、地味なキャストながら、だからと言ってバカにはできない。オリジナル脚本賞を獲るだけのある素晴らしいストーリーと名シーンの数々。  

助演女優賞にノミネートされた女の子、アビゲイル・ブレスリン演じるオリーヴが純粋無垢でホント可愛かった。映画の途中で、しみじみ思った。彼女がタイトルの意味なんだと。

物語はコメディ。観に行ったとき、何度も客席は笑いに包まれた。映画館で声を出して笑うことは少ない僕も、さすがに笑った(少しだけ声を出して、笑)。でも、個人的に、コメディなんだけど、途中から溢れるものを止められなかった。ポロポロ、ポロポロ…、描かれる“ある家族”の姿に、フツーに「家族っていいな」と思って泣けてしょうがなかった。

僕もいつか家族で黄色いミニバスに乗りたい。早くも2007年ナンバー1作品最有力!
『リトル・ミス・サンシャイン』★★★★☆

ここからネタバレです。


いかにも怪しげな“9つの成功ステップ”のビジネスに燃えるバカ親父。そんな親父に口を閉ざす息子。ゲイで自殺未遂をする学者の兄を持つ妻、バカ親父の父親はヘロイン中毒だけど孫想い。そしてミスコン出場を夢見る女の子。そんな6人の“負け組”家族のロードムービー。

乗っけからそれぞれのキャラクターが分かりやすく描かれ、一つの食卓を囲む。いかにもアメリカっぽいフライドチキンがとても美味そう。子供がいる前で不謹慎な会話するし、どう見てもバラバラな家族。

そこへ、美少女コンテスト出場のチャンスが舞い込んでくることで、オンボロのミニバスで6人がカリフォルニアへ向かうことに。この黄色いバスがホントにオシャレ。クラッチが壊れて、下り坂やみんなで押さないとエンジンが掛からないっていうアイディアは凄い。これはラストシーンにも使われて、映画史に残る名シーンと言っても過言ではないと思う。

途中、おじいちゃんが死んでしまうんだけど、そこからはブラックユーモア満載。そのおじいちゃんの振り付けで踊るオリーヴと、必至で応援する大人たち。美少女コンテストに対する皮肉もあるんだろうけど、良かったなあ。あの選曲も凄い(爆)。

早くDVD出ないかな。もう一度観に行ってもいいなー。それだけ面白かった。あ、パイロットを目指して挫折してしまう息子も印象的でした。
スポンサーサイト
★5~4.5個 | 01:55:31 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント
>たう
エディ・マーフィが受賞できなかったのと、作品賞が『ディパーテッド』ってのは意外だったな。どちらもまだ観てないけど。

『ハッピー・フィート』は凄く楽しみだなあ。ペンギンがダンスするだけで嬉しい(笑)。
2007-03-01 木 01:48:34 | URL | り~ちゃん [編集]
残念だったね~
個人的には、おいらも作品賞のダークホースにしとりました(未見の作品もあって、予想が難しい)。
でも、作品賞以外は、全て予想が当ったよ(笑)。
さて、鑑賞報告

・ハッピー・フィート 評価:★★★☆
歌が心を伝える伝統を有する皇帝ペンギンのマンブルは致命的な音痴だけど、ダンスはぴか一。が、音痴ゆえ仲間に受入れられない。そんな彼の冒険とアイデンティティーの確立を描いた作品。
ちょっと安易過ぎないか?という部分はあるものの、とてもハートフルで可愛いお話。また、ペンギンの生態を上手に取り入れており、動きが愛らしい。個人的に、安易過ぎるラストの問題解決が気に入らず上記評価。でも、ありのままの自分を受け入れようってメッセージは心に響くね。
カーズ、モンスターハウスと、全ての長編アニメーションノミネート作品を鑑賞したが、この作品の受賞は納得。
2007-02-27 火 08:53:51 | URL | taunsend [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アラン・アーキン
アラン・アーキンアラン・アーキン(Alan Arkin, 1934年3月26日 - )は、アメリカ・ニューヨーク市出身の男優。本名はAlan Wolf Arkin。学生時代、フォークグループサンズの「ザ・タリアーズ」を結成。その後、ベイビー・シッターズにも加わってミュージ 2007-02-28 Wed 11:00:57 | アイリの記録

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。