■FC2カウンター

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「エラゴン 遺志を継ぐ者」★
2007年に入り、早速日記が滞ってきましたが、すでに観た映画の感想を忘れないうちにUPしておきます。

まず、今年の“シネ初め”としてチョイスした「エラゴン 遺志を継ぐ者」

ファンタジー小説の映画化ということで、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを期待したんだよなあ…。ジェレミー・アイアンズ 、ロバート・カーライル、ジョン・マルコヴィッチと渋い俳優陣が出演してるのも惹かれた。

が、期待は裏切られた。。。

ここからはネタバレです。


テンポが速すぎる。主人公の青年がドラゴンと共に徐々に成長して、ドラゴンライダーになっていく過程がない。

ドラゴンはいきなり大きくなるし、いつの間にか炎を吐くし。

ジェレミー・アイアンズは死んじゃうし、中ボスのロバート・カーライルも殺された。今後シリーズ化されてもジョン・マルコヴィッチしか残ってない。何とも寂しすぎる。

ファンタジー映画なのに、ドワーフやエルフが出てこない。気持ち悪いゴブリンみたいなヤツと部族が大勢出てきただけ。ヒロインも存在感なし。

あえて★1つにしたのは、演技派俳優陣の存在のみ。あーガッカリ。
スポンサーサイト
★1個~なし | 00:37:29 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>たう
間違いなく、残念がらなくていい作品だったよ。。。

全体的に高い評価だよね。「幸せのちから」は、やはり実話そのままじゃないんだね、実話モノは難しい。

キルスティンは好きじゃないなー。どんどんブサイクになってる気がする。(毒)
2007-01-29 月 23:53:04 | URL | り~ちゃん [編集]
鑑賞報告
「エラゴン」か~。試写会当たったけど年末忙しくて行けなかったんだよな。試写状あげた知り合いも、別に残念がらなくても大丈夫だよ。って言ってた(笑)。

さて、鑑賞報告

・「マリー・アントワネット」 評価:★★★☆
キルスティン・ダンスト、ルックスは微妙だけど、演技は上手い!そう実感した。フランス革命で断頭台の露と消えた女王、マリー・アントワネットを一人の女性として描いたソフィア・コッポラの新作。いわゆるガールズムービーではあるが、スパイスもピリリ。中々面白かった。

・「幸せのちから」 評価:★★★☆
”inspiered by true story”との記載が冒頭に表示される。上手に美談に仕立てたというあざとさを少々感じる。そりゃないだろう?という部分も多々あり。でも、パパスミスと息子スミスの演技は○。ちなみに、原題は「幸せの追求」。幸せを得るために、必死で頑張るパパの物語です。

・「世界最速のインディアン」 評価:★★★★☆
バイクの殿堂入りを果たした「バート・マンロー」の実話に基づく作品。鑑賞後、心底清々しい気分になれる!夢を諦めないって、素晴らしい。ちょっと出来すぎかなって気もするので☆減点だけど、本当に良い作品!この冬一押しだね。
2007-01-26 金 11:21:29 | URL | taunsend [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。