■FC2カウンター

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「フラガール」★★★★★
 福島県いわき市の炭坑町。時代の流れに飲み込まれ、大量のリストラを余儀なくされる。そんな中、起死回生の策として建設されたレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”(現在のスパリゾートハワイアンズ)誕生までの実話を元にした感動ドラマ。

 こないだ、本年度の米アカデミー賞外国映画賞の候補として、日本代表に選ばれた本作ですが、それも納得の素晴らしい日本映画でした。

 松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、徳永えり、岸部一徳、富司純子などなど出演者の演技も言うことないし、友情だったり、家族愛だったり、人とのつながりだったり、いろんなテーマが凝縮されたストーリーも凄い。途中からは感動のあまり、20分に1度は涙を流してた。

 フラダンスのシーンも見事。僕が子供の頃行ったハワイアンセンターでは観た記憶はないんだけど、松雪さんも蒼井優ちゃんも相当練習したんだろうな。練習と言えば、福島弁も完璧!!僕は県の西の方、会津なので多少違うとはいえ、聞きなれている訛りに観ながら癒されてた気もします。

 そして、音楽。邦画、しかも田舎の風景なのに、世界的ウクレレ奏者のジェイク・シマブクロが担当した音楽がカッチリはまってるんだ、これが。サントラも必聴ですよ。僕は早速、着うたをダウンロードしました。

 南海キャンディーズのしずちゃんも出演してるんだけど、作品の中に“笑い”を提供してくれるだけでなく、演技も良かった。もちろんダンスも練習したんだろうなあ~。凄い。

 『RENT レント』でほぼ決まりだった2006年のベスト1ですが、これでわからなくなりました。とにかくオススメなのでどうぞ!

 ここからネタバレです。


 まず、キャスト。主演は松雪さんだけど、フラガールのリーダーを務めた蒼井優ちゃんはホントに素晴らしかった。フラダンスの腕前も、福島弁も、そして演技も、全てが完璧なんだから。一番印象に残ったし、これからが本当に楽しみな女優さんです。

 ラスト、ソロパートを踊ろうとする彼女が舞台袖で、フラダンスのことでもめた母親の姿を目にする。どこかで観たシーンと思ったら、これまた僕が大好きな『天使にラブ・ソングを2』のローリン・ヒルではないか。パクってると非難する気持ちは毛頭ありません。思い出せたことが嬉しかった。

 考えてみると、炭鉱が舞台といえば『ブラス!』(これも好きなんだよな)。母親が、娘の親友から届いた小包を届けに行ったときに、娘が真剣にフラダンスを練習している姿を目にする…このシーンで思い出すのは『リトル・ダンサー』
 
 好きな映画の“要素”を持ち合わせているんだから、僕がこの映画を気に入るはずだわと納得(笑)。

 ほんとにいい映画を見せてもらえました。
スポンサーサイト
★5~4.5個 | 00:11:26 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

松雪泰子、『子宮の記憶・ここにあなたがいる』の披露舞台挨拶
松雪泰子主演映画『子宮の記憶・ここにあなたがいる』の完成披露舞台挨拶が行われた。同舞台挨拶で松雪泰子は「嫉妬も、愛の形かな」との意味深長の発言も。映画は2007年1月公開。 2006-11-14 Tue 09:33:11 | アイドルゴシップ芸能ニュース24

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。