■FC2カウンター

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「グエムル 漢江の怪物」★★★
 カンヌ映画祭で話題になったらしい、韓国発のモンスター・パニック映画です。

 監督は『殺人の追憶』のポン・ジュノ。主演は同じく『殺人の追憶』や『JSA』のソン・ガンホ

 モンスター・パニックものと言えば、『ジョーズ』や『アナコンダ』、『リバイアサン』などなど、いっぱいあるけど結構好き。イチャつくカップルが襲われるシーンがお約束だったり、最終的には主人公が怪物をやっつけるっていう爽快さが観終わって気持ち良いし。

 本作はハリウッド製のそれとは違っていて新鮮だった。怪物がすごい自然に現実世界に登場しているのも凄かったなあ。

 ソン・ガンホも良かったなあ。決して男前じゃないんだけど、カッコイイ父親を好演してたと思う。

 とはいえ、大絶賛するほど気に入った作品でもなかった。監督の、ユーモアとシリアスを交えた演出は今後も期待したいです。

ここからネタバレです。ほんと気を付けて!


 観る前に楽しみにしてたのは、怪物が初めて登場するシーンと、怪物の倒し方と結末。

 初登場シーンは無難な感じ。遠くから人々を次々と襲ってくるグエムルはフツーでした。

 ただ、クライマックスは鳥肌もんでした。ホームレスのアシストで、グエムルに燃料を飲ませ、あとは次男が火炎瓶を投げつけて終了。ってところだったのに…そこで長女が得意のアーチェリーでナイスフォロー。

 熱さに苦しむグエムルが漢江にむかって逃げるところ、ソン・ガンホが立ちはかだる。ノド奥に鉄パイプをぶっさす。いやー爽快。

 ラストシーンも良かった。安易な終わり方でないのがねえ。

 ハリウッドでリメイクされたら…おそらく続編まで作られるんじゃないかと思うな。それにグエムルの数ももっと多そう。というか、リメイクする必要は無いよな。もともとハリウッドの十八番なんだから。
スポンサーサイト
★4~3個 | 20:27:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。