■FC2カウンター

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ゲド戦記」★★★★
 公開2日目に観てきました。混雑して大変かなと思いきや、ちょうど隅田川花火大会があって人が流れたのかな…映画館のチケット売り場は空いてました。

 観る前は、テレビの予告とか見た印象で、“説教くさい”のかなあと思ってた。確かに、訴えたいテーマがしっかりとあって、観終わった後に考えることもあるんだけど、それほど重くなかった。

 “センチヒ”のように個性豊かなキャラクターが出てくるわけでもなく、”ハウル”のようなロマンスもない。ただ、“世界三大ファンタジー”と称される原作を宮崎吾朗監督を通して表現された本作は、素晴らしかった。そんだけ。

 映像が美しい。かなり癒された気がする。挿入歌「テルーの歌」、主題歌「時の歌」など音楽も素晴らしかった。本作は久石譲さんじゃなく寺嶋民哉さんが担当。

 さあ、明日からまた生きよう

ここからネタバレです。


 ボクも含めて、この映画だけで本作で描かれたストーリーの全てを理解した人はいないはず。今日も関連書籍を立ち読みしてきたが、答えはわからなかった。ただ、なんとなく自分なりの解釈で満足してる。観た人に考えさせる、そういう監督も少なくないしね。

 これまでのジブリに出てきた男の子は皆かっこいい。バズーにしてもアシタカにしても…ただ、主人公の王子アレンは影に怯え、いつもうつむいていた。大賢人ハイタカとの出逢い、そしてテルーとの交流で、ほんとにたくましく成長してました。あの続きも観たい気がした。

 田中裕子さん演じるクモが凄かった。最後は物凄い形相になってた…(笑)。田中さんの演技も凄すぎる。

 いやー、良かった。
スポンサーサイト
★4~3個 | 23:00:09 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>たう
おひさ!

でもちゃんと話題作はチェックしてるねえ。
「スーパーマン・リターンズ」は、やはり敵役のケビン・スペイシーが気になるなあ。確かに「悩めるヒーロー」は流行りだよね。人間っぽさを描くと、感情移入しやすいし。楽しみ。
2006-08-10 木 01:56:54 | URL | り~ちゃん [編集]
お久しぶりっ
いや~、仕事は全然忙しくなかったんだけど、ちと色々ありまして暫く映画から離れてました。皆さんのHPも余りちぇんとチェックしとらんで・・・。
で、久しぶりに映画鑑賞。

・「スーパーマン・リターンズ」 評価:★★★
大前提として、過去の作品を知っていることが必要かもしれない。単品ではなく、あくまでも前作の続きとして作られている。背景を知らなくても、まあ楽しめるとは思うけど、知らないとちょっと退屈かも。最近流行の「悩めるヒーロー」って部分、良く考えればスーパーマンが元祖でしたね。
スーパーマンの活躍を見ながら、強盗捕まえるよりも紛争地域へ行って戦争を阻止しろ、と、思ってしまったおいらは現実的過ぎるかな・・・。
2006-08-07 月 15:24:58 | URL | taunsend [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。