■FC2カウンター

■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ナイロビの蜂」★★☆
先週土曜日にスニーク・プレビューで観てきました。

配給会社を元に前もって予想してましたが。的中です。

感想は今夜アップします。

-----------------------------

すいません。なかなかバタバタしてて先延ばしになっちゃいました。実はこの週末は実家に帰っていました。親友の結婚式に出席したんだけど、その話は来週に書きます。

さて、「ナイロビの蜂」。原題は「THE CONSTANT GARDENER」。直訳すれば“誠実な庭いじりの好きな人”で良いんでしょうか。どちらのタイトルもなんともピンとこない感じですが。。。

監督はフェルナンド・メイレレス。『シティ・オブ・ゴッド』の監督さんで、僕は観てないけど、ドキュメンタリーっぽい映像を交えた映画が特徴みたい。本作も彼らしい(?)映像が満載でした。

主演はレイフ・ファインズ。男前のイギリス人俳優、『イングリッシュ・ペイシェント』で初めて知ったけど、個人的には『レッド・ドラゴン』が良かった。

そして、アカデミー助演女優賞を受賞したレイチェル・ワイズ。ダーレン・アロノフスキー監督との間に子供ができて、その妊婦姿で本作に出演してました。あれはCGとかじゃないはず。その根性にオスカーということなのかな。

個人的には、助演で『ラブ・アクチュアリー』のビル・ナイ、『ブラス!』のピート・ポスルスウェイトが出てて嬉しかった。共に結構重要な役どころ。この二人の顔はどの映画で観ても忘れないな。

泣けるドラマというよりは、最後まで見逃せないサスペンスでした。なかなか良いんだけど、こんな評価に終わりました。

ここからネタバレです。


映画の中で、スリービーズっていうNGOが出てくるんだけど、これと「ナイロビの蜂」というタイトルは関係あるんだろうか。僕個人の見解は、ナイロビという広大な地域における一匹の蜂なんて無力なものってことで、製薬会社と官僚の癒着と陰謀を暴こうとして殺されてしまったレイチェル・ワイズを指しているんじゃないかと。考え過ぎだな(笑)。

本作は、旦那が真実を知るにつれて、夫を巻き込みたくないという妻の愛も感じていくってところが最も訴えたいらしいが、僕としては、妻同様に真実に近づいていくことで危険な目に遭う主人公の姿にドキドキ。サスペンス映画として楽しめました。

ただ、主人公と妻になる女性との出会い、その日のうちに結ばれ、そして一緒にイギリスに連れて帰る。これが理解できない。急な展開過ぎて、ちょっと置いてけぼり。

主人公が妻が殺された場所で自らも殺されてしまうクライマックスは予想がついたけど、観終わった後、この映画自体の雰囲気と実際のアフリカの現実を見せられた気がして、なんともいえない暗い気持ちになる。こういう映画もいいんだけど、やっぱりハッピーエンドが好きだなあ。
スポンサーサイト
★2.5~1.5個 | 02:15:35 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>たう
そんなに長い原作なんだ?それでもまとめた方なんだろうけどなー。サスペンス映画としては、なかなか良かったよ。

イギリス映画「キス★キス★バン★バン」、そうそう、なんか前に同じようなタイトルの映画があったような気がしててね。そか、全く違うんだ?

2006-04-17 月 23:30:21 | URL | り~ちゃん [編集]
ふ~ん
原作が長編だから(確か文庫で上下巻)、内容結構端折ってるのかな~?結構観たい作品なんだけど、り~ちゃんの評価はイマイチだね・・・。ふむ。
さて、久しぶりに鑑賞報告。
・「キスキス、バンバン」 評価:★★★★
面白かった!ジャンルとしては犯罪コメディってなるんだろうな。結構頭を使うコメディではないかと。最後まで飽きずに楽しめるし、何より映画業界をネタにしている部分がかなり笑える。さらに、おいらの大好きな作家レイモンド・チャンドラーに対してオマージュを捧げているのかな?って部分があり、個人的にツボでした。結構ブラックな部分もあるので、純粋に楽しい映画を鑑賞したいって人には向かないかも・・・。ちなみに、2~3年前に公開されたイギリス映画「キス★キス★バン★バン」とは全く違う作品で~す。おいらはこちらの作品も好きっす。
2006-04-17 月 14:57:37 | URL | taunsend [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。