■FC2カウンター

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」★★
ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング




ようやく観に行きました。ファンタジー映画は現実逃避できるのが醍醐味だよねえ。それを期待して・・・イヤ別に現実で嫌なことがあったわけじゃないけどね(笑)。 

C・S・ルイスのファンタジー小説をディズニーが映像化。第二次世界大戦下のイギリスが舞台で、主人公はペベンシー家の四兄弟姉妹。

監督は『シュレック』シリーズのアンドリュー・アダムソン。もちろん実写映画の監督は初めて。

原作は全7巻まであって、それぞれの時代も異なれば、登場人物も変わるらしい。今回は“ライオンと魔女”という話。

期待ハズレだったなあ。子供達のやりとりで涙する場面もあったけど、どうも軽い感じがして・・・やはりディズニーなので子供向けに作られてるんだろうか、楽しめなかったなあ。

ここからネタバレ。


どうしても大好きな『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズと比較しちゃうんだけど、同じ勧善懲悪モノでも、ナルニアが現在危機に扮しているっていうことが全く伝わってこないんだよな。

確かに魔女は怖いんだけど、彼女によってナルニアがどうにもこうにも破滅に向かっているって感じがしない。だから主人公の子供達が戦うことを決意してもなんか感動がない。

戦闘シーンのスケールは凄いけど、何のための戦いなのか?敗れればどうなるんだ?という部分が弱いので、あっけない。魔女は結局死ななかったライオンに喰われ終了~って感じ。

ちょっと今後が心配。観ないかも。
スポンサーサイト
★2.5~1.5個 | 23:07:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。