■FC2カウンター

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「きみに読む物語」


僕にとって「本」は、テレビ情報誌や映画雑誌、マンガぐらいで、ここんとこ文庫本さえ買って読むことはなかった。高校や大学の頃、西村京太郎のトラベルミステリーを読みまくっていたが、社会人になってからは読書する時間があったら、寝ていた。電車の中でも自宅でも。

ただ、最近時間潰しに本屋に立ち寄ることが多くて、「今どんな本が売れてるんだろう」と少しだけ興味を持ち、ついに『陰日向に咲く』という本を買って読んでいる。

文庫本になった『ダヴィンチ・コード』ではなく、この本を買った理由は2つ。1つは短編小説集であるということ。いきなり長編はキツイと思ったから。

もう1つは、僕のが劇団ひとりに似ているからだ(笑)。

今、全五篇のうち三篇を読み終えた。すごく読みやすい。会社の行き帰りで読んでるが、電車の中で思わずニヤケてしまうほど面白い描写もある。さすが芸人が書く小説だ。

どうやらこの小説の映画化権争いが熾烈らしい。確かに映画になってもおかしくないけど、テレビドラマでもいいんじゃないかなあと。スクリーンで観るほどのスケールの大きさはないし(笑)。

今週中には読み終えるだろうな。この読書マイブーム、しばらく続きそうです。

ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング
スポンサーサイト


日記&雑談 | 20:06:22 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>たう
本は少しづつ読めるのがいいね。ただ、面白いと一気に読んでしまうらしいね。

ほー、三島由紀夫作品は日本語が美しいか・・・そんな本の楽しみ方もあるんだねえ。勉強になります。
2006-03-23 木 01:05:27 | URL | り~ちゃん [編集]
去年の暮れから仕事もプライベートも色々あり、読書を楽しむ心の余裕がない状態が続いております・・・。習慣のように本屋には足を運ぶから、積読が増えるばかり。読みたい本のリストはどんどん長くなるんだけどね~。
そんな中、最近読んだのは、久しぶりに美しい日本語を堪能したくなったので、三島由紀夫の「永すぎた春」。シリアス~な物語は読みたくなかったんで、三島作品の中でも軽い?ノリのこの作品にしました。やはり、彼の文章は美しいの~。
2006-03-22 水 09:17:23 | URL | taunsend [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。