■FC2カウンター

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第78回米アカデミー賞授賞式って、いいね!-第7回-
先日行われた米アカデミー賞授賞式の録画を少しづつ観ながら、好き勝手に第7回まで書いてきました。

画像や詳細については、「アカデミー賞サイト オスカーノユクエ」をご覧ください。同じようなことをやってる人がいるんだなとフツーに嬉しかった。でも内容はハンパなく凄いです。比較にならない!(笑)

--------------------------------------

クリス”リュダクリス”ブリッジスが歌曲賞候補である、「HUSTLE&FLOW(原題)」って作品の“It's Hard Out Here For A Pimp”を紹介。パフォーマンスしたアーティストは全くわからなかったけど、パワフルなラップで会場はノリノリだったんじゃないかな。

そのノリノリのままクイーン・ラティファが登場。歌曲賞の発表。パフォーマンスしたばかりの“It's Hard Out Here For A Pimp”が受賞。ステージの袖に待機してた彼らが大騒ぎ!!授賞式で二番目の盛り上がりでした。一番はもちろん作品賞の”大逆転”。

『デアデビル』で共演したベン・アフレックと結婚した、ジェニファー・ガーナーが登場(余計なことを言えば、すでに結婚してたので一度離婚をしてくっついた、笑)。去年出産したばかりだからか、やけに大きな胸が目立つ。そんなに強調しなくても・・・その点、レイチェル・ワイズは品があった。

音響編集賞の発表。受賞したのは『キング・コング』。監督賞にはノミネートされなかったけど、こういう部門を押さえているのは凄い。

今年の授賞式の”主演男優賞”に違いなかった、ジョージ・クルーニー登場。2005年に亡くなった映画人を称える恒例のコーナー”メモリアル・トリビュート”。やはり『ベスト・キッド』シリーズのノリユキ・パット・モリタが記憶に残ってます。

外国語映画賞。ノミネートされてる作品は個人的にも毎年チェックしてます。プレゼンターはウィル・スミス。そんなに男前ではないよね。。。受賞したのは、南アフリカの「Tsotsi(原題)」って作品。どんなストーリーなんだろ。

「クラッシュ」が受賞した編集賞チャン・ツィイーがプレゼンター。ここで誰もが、アジエンスのコマーシャルを思い浮かべたに違いない!(笑)ところで、MCが彼女の名前を呼んだ発音が“チャン・ツィイー”じゃなかった。。。ハリウッドでは違うんだねえ。びっくり。

ようやく主演男優賞。去年、無名の夫と仲良かったヒラリー・スワンクがプレゼンター。離婚したんだよねえ。やっぱりキャリアのバランスが歪みを生じさせるんだろか。。。
受賞したのはフィリップ・シーモア・ホフマン。「カポーティ」の映像を観たけど、まさにオスカーに値しそうなキャラだったなあ。個人的には、最高の脇役が主演でオスカーを獲ってしまい複雑な感じ。

作品賞候補「ブロークバック・マウンテン」の紹介。

生え際が怪しい&笑えるジョン・トラボルタ撮影賞のプレゼンター。受賞したのは「SAYURI」。ディオン・ビーブって人はまだ若い気がする。

さてさて、オスカー俳優の貫禄がまるでないジェイミー・フォックス登場。リース・ウィザースプーンが受賞した主演女優賞の発表。他の候補は『スタンドアップ』のシャーリーズ・セロンしか観てないので何とも言えないけど、そんなに「ウォーク・ザ・ライン」の演技は良かったかなあ。あれだけ歌えるまでトレーニングをしたってことと、彼女の人気なんだと思う。

--------------------------------------
ある時期から、老けもせず全く変わらない感じがするダスティン・ホフマンへと続く。


スポンサーサイト


注目! | 00:40:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。