■FC2カウンター

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「アンダーワールド」★★★


 吸血鬼<ヴァンパイア>と狼男族<ライカン>の闘いを描くアクション。主演はケイト・ベッキンセールで、ヴァンパイアのヒロインを演じてます。

 この女優さん、「パール・ハーバー」で一躍メジャーになり、「アビエイター」「ヴァン・ヘルシング」などにも出てます。
 訳がわからないのが、本作にもルシアン役で出ている俳優との間に子供がいるのに、その後、本作の監督と結婚していること(!)。ほんとハリウッドってのは何でもありだね。

 ヴァンパイアものなので、どことなく「ブレイド」に似ていて女性版という感じ。ただ、戦う相手が狼男族だというのと、そんなに斬新な武器が出てくるわけでもなく、面白さは劣る。ストーリー自体はなかなか良かったけどね。

 ここからネタバレ。


 要は、数百年も前に、ヴァンパイアの女性と狼男族の男性で”禁じられた恋”が生まれ、それを許さなかったヴァンパイアの主ビクター(ビル・ナイがこんなとこにも出てる)が、実の娘であった彼女を手に掛けてしまう。

 こんなことが背景にあって、双方の種族の交配に自らの種の存亡をかけ狼男族が行動を起こす。
 なかなかストーリーは良くできているんだなあ。しかも、映画のラストは間違いなく続編を匂わしてる。ほんとに製作されるかわからんけど、それはそれで楽しみ。スケールアップして欲しいね。
スポンサーサイト
★4~3個 | 01:44:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。