■FC2カウンター

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ミッシング」★★★☆


 「シンデレラマン」★★★★のTV宣伝、ほんと上手い。夏休みのファミリー向けが一通り終わった後に、ちゃんと大人向けの本作を待機させておいて、著名人に「久しぶりにいい」というコピーを言わせるんだから。確かにこういうヒューマンドラマものは、久しくなかったし。

 この映画の監督ロン・ハワード「ミッシング」を観ました。公開当時、劇場で観たかったんだけど観れずじまい。トミー・リー・ジョーンズケイト・ブランシェットの共演なんて魅力あるよねえ。

 舞台は19世紀、ケイト演じるシングルマザーの治療師には娘が2人いて、このどちらも演技が達者なんだ。お姉さんのエヴァン・レイチェル・ウッドって女優、ハリウッドでもかなり期待されてる若手だそうで、確かにキレイ。「シモーヌ」でアル・パチーノの娘役だったらしい(うんうん、キレイだった)。
 妹のジェナ・ボイドは子役の域を超えてる感じ。順調にキャリアを積んで欲しいね。優秀な子役はロクなことないから。。。

 その他、「ロード・・・」シリーズのアラゴルン役の俳優さんと間違えてしまうアーロン・エッカート。ショボイ保安官役に(これまたショボイ)ヴァル・キルマーが出てた(笑)。

 これからネタバレ感想。


 西部劇なんだけど、テーマは父と娘。そして家族なんだな。まさに「シンデレラマン」と同じ。

 トミー・リーもケイトも達者だから、画面に惹き込まれるんだな。ほんと凄い。途中でトミー・リーが死んでしまうんだろうなあとは予想はついたけど、彼の遺体を馬に乗せて、誘拐された娘達らと家に帰るところでエンドロール。余韻に浸りながら観終えることができました。

 ネイティブ・アメリカンが悪者として描かれていて、アメリカでの公開当時はいろいろあったんだろうけど、あの呪術師は怖い。呪いでケイトを殺そうとするは、ヘンな粉で男の目から血を出させるは。。。すげー。

 ストーリーはベタだけどハッピーエンド、役者陣の演技も素晴らしい。映画館で観るべきだったなあ。
スポンサーサイト
★4~3個 | 22:40:17 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>たう
 相変わらず、けっこう観てるねえー。

 「チョコレート・・・」は試写会当たったんだけど行けそうになくてねー。こないだ観た「レジェンド・オブ・メキシコ」とのジョニデの変わりようが楽しみ。
 
2005-09-08 木 20:44:12 | URL | り~ちゃん [編集]
鑑賞報告
この作品も観たかったんだよね~。近日中にDVD借りようっと。では、鑑賞報告でございます。

・「ルパン」 評価:★★
豪華絢爛、目の保養にはなる。役者も良い感じだし、衣装も宝飾品も素晴らしい。でも、肝心の物語がどうにも中途半端。それもそのはず。原作では別々の物語となっている3つを一つにした脚本らしい。映像的にはとても雰囲気が出ていて良いんだけど、物語がイマイチなので少々退屈してしまいました。原作を知らなければもうちっと楽しめるかも。

・「チャーリーとチョコレート工場」 評価:★★★★
個人的にはとっても楽しめた!面白いというより、もの凄く楽しめたって感じがする作品。ティム・バートンの初期の作品「ビートル・ジュース」の完成度を高くしたような感じかな。ジョニー・デップも相変わらず怪演だし(笑)、とっても楽しかった。これはもう一度観ても良いなぁ~。
2005-09-08 木 08:40:40 | URL | taunsend [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。