■FC2カウンター

■カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」
東京ドーム


ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング


土曜日に久々に東京ドーム巨人戦を観に行った。去年までファンを封印していたが、現役時代も好きだった原監督(無理矢理結びつければ、大学の先輩)が現場復帰してくれたので、今年はガンガン観に行くつもり。

とはいえ、チケットが抽選で当たらないと行けない。今回、交流戦のvsロッテが見事当選したので、KさんHさんと共に行きました。

レフト外野席で、あわよくばホームランボールをゲットしたかったが、ジャイアンツが勝ってくれればそれで良かった。がしかーし、逆転負け。試合終了を待たずに帰ってきました。川中選手の牽制タッチアウトが全てだった。。。

とはいえ、面白かった~。近くに統制のとれた応援を展開するロッテファンがいて、見事でした。サッカーのサポーターのようで、ポンポン飛び上がってたのが印象的。

対照的だったのが、これまた近くにいた巨人ファンの老夫婦(特にジジイ)。後ろの席に孫を連れてきていたロッテファンのおじいちゃんがいて、詳しくはわからないが、紙コップとかが下の夫婦の方に転がっていったらしく、しかもロッテが逆転したタイミングだったので、ジジイの方が怒り狂ってて「一言謝れー!」と。警備員が間に入ったものの、そのおじいさんと少年は席を立って帰って行きました。

八つ当たりもいいとこ、子供の前であんなに怒るのはひどすぎる。本来、アウェイのロッテファンがレフト側にいるのはフツーのこと。巨人応援席とはいってもね。

ファンの応援の仕方がそのまま結果に出たって感じ。来週も西武戦に行くつもり。西武ファンの怒りを買わないように、ひっそりと観戦してきます(笑)。

<本日の日記タイトルについて>
『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』
ケヴィン・コスナー主演の野球ドラマ。共演はジョン・トラボルタの奥さんケリー・プレストン。2人のラブストーリーでもあるらしい。意外なのは、監督が『スパイダーマン』のサム・ライミってこと。

スポンサーサイト
日記&雑談 | 02:07:08 | Trackback(0) | Comments(0)
「恋はハッケヨイ!」
ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング


のぼり


今週末が終わろうとしている。いやー、今週は忙しかった。。。

というのも、祖母が実家から上京してきたのだ。目的は両国国技館で行われていた大相撲五月場所を観戦するため。チケットを試しに申し込んだら、当たってしまい、こないだの友達の結婚式のときにオファーを出したら、「じゃあ行こう」と。

一応、桝席なんだけどテレビに映るような良い席でもない。それに、4人用なんだけど、座布団4枚ギリギリ分で狭い×2。前の人の座高が高いと見にくいし、あれはちょっと考えるべきだなー。

テレビよりもコジンマリとしている印象があったけど、取り組みはなかなか面白かった。足を一直線に上げる見事な四股を見せる関取、ロボットのように動きが固いものの感情を表に出す人気力士、そして優勝のかかる緊迫感溢れる一戦、祖母以上に楽しんだかも知れない。

今日の午後、祖母は来るときと同じように高速バスで帰っていった。弟が車で送ってくれたのは良かった。ありがとう

見た目が若いので錯覚してしまうんだが、80過ぎの祖母の年齢を改めて感じた週末でもあった。毎食処方された薬をたくさん飲むし、足が悪くて長いこと歩けない。金曜日にずいぶん歩かせてしまってホントに申し訳なかった。ごめん、ばあちゃん

帰るときに「お世話になったね。もう二度と東京に来ることもないんだろうね。ありがとう。」と言ってくれたけど、今回の孝行が自分勝手なものだったんじゃないかと。。。

観戦後に、一緒に観た親戚夫婦が「一緒にディズニーランド行ったの覚えてる?」と18年も前の話をして笑った。でも、18年も経っていることに正直驚いた。その頃から祖母も親戚夫婦も見た目は全く変わっていないから。でも着実に年はとってるんだなあと。

いつか別れのときは来てしまうんだけど、ほんとに、できるだけ長生きして欲しいな。そんなことを思いながら日記を終えます。おやすみ。

土俵


<本日の日記タイトルについて>
『恋はハッケヨイ!』
相撲に夢中になる女性を描いたイギリスのコメディ映画。

日記&雑談 | 22:57:55 | Trackback(0) | Comments(1)
「ぼくを葬る(おくる)」★☆
ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング


 ゴールデンウィークに観た映画の2本目。

 5月5日、子供の日。天気が良かったなあ。日比谷公園では何かの催しがあったみたいだけど、待ち合わせのシャンテ・シネに直行です。今回は、会社の同僚Yさん(女子)と。デートっぽい(ほんと久々。。。)ですが、また別のヤツに半ば強制的にセッティングされた感じ。

 シャンテ・シネは、全席指定になってからも何度か来ていますが、なかなか良いよね。
 別のフロアで上映していた「ブロークン・フラワーズ」が凄い人気みたいで、夕方の回がいっぱいでした。ジム・ジャームッシュ監督に、ビル・マーレイ主演、カンヌのグランプリ効果なのかな。

 さて、「ぼくを葬る(おくる)」は、『スイミング・プール』『8人の女たち』『まぼろし』のフランソワ・オゾン監督の新作。ミニシアター系映画に詳しいYさんが言うには、結構ファンが多いそうだね。確かに席は一杯でした。

 予告編を観て、これは感動しそうな映画だなあと思ってたんだけど、そんな単純なもんじゃないんだな。もっと深いテーマがありそう。
 結果的にこんな評価(星1.5)に終わりました。Yさんの感想もそれほど高くなかった感じ、逆に低いぐらい(笑)。

 主演のメルヴィル・プポーがカッコイイんだ。ヒゲを生やそうが、何を着ようが、ゲロ吐こうが、ボウズ頭にしようが、とにかく絵になる。それだけが印象に残りました。

 ここからネタバレです。

続きを読む >>
★2.5~1.5個 | 00:18:18 | Trackback(0) | Comments(2)
「アンダーワールド:エボリューション」★
ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング


 ゴールデンウィーク中、劇場に足を運んだのは2回。もう1回ぐらい増やしたかったけど、まあ行けたのも会社の同僚のおかげ。久々に誰かと映画を観た気がします。

 5月3日の憲法記念日。休日出勤だったけど、そんなに辛いわけでもなくチャッチャと片付けて夕方に錦糸町に出掛けました。近くに住む会社のKちゃん(男)に誘われて映画を観ることに。

 新しく出来たショッピングモールなどの複合施設にある、TOHOシネマズ錦糸町。さすがに人が多かったが、その時間に合ったのが「かもめ食堂」と本作。ちょっと待てば「ニューワールド」もあったけど、自分だけじゃなかったし。“6本観れば1本タダ”の回だったので、このVFXホラーアクションにすることに。

 監督レン・ワイズマン、主演ケイト・ベッキンセール。彼らは夫婦なんだよね。第1作目で出逢ったのか知らんけど、アメリカで割とヒットしたので、いつも通り続編が作られたようです。



 『ラブ・アクチュアリー』のビル・ナイも前作に引き続き出てるんだけど、それ以外はさっぱりわからない。今回の敵役であるマーカス(トニー・カラン)も無名のオッサン。

 ようは、ヴァンパイア(吸血鬼族)とライカン(狼男族)の戦いを描いている“ヴァンパイア”もの。というと僕は『ブレイド』が好きなんだけど、決して女版『ブレイド』ではありません。

 VFXは凄い!続編だし金も掛かってます。ただ、アクションに目新しさはなく、人間ドラマ的な印象深いシーンもない(あったのかな?薄い!)。1800円払って観るもんじゃありません。お気をつけください(笑)。

 ここからネタバレ。

続きを読む >>
★2.5~1.5個 | 00:48:13 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。