■FC2カウンター

■カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「RENT レント」★★★★☆
ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング


RENT


 子供の頃から観てきているが、高校時代、初めてレンタルビデオを借りて、映画がホントに好きになった。大学でも沼津の映画館に通ってたし、今は自信を持って“趣味”と言える。「映画が僕の人生」というと大袈裟だが、世の中に映画あって良かった。

 今年は映画館に足を運ぶことが多く、いろんな予告編を観る。予告編制作会社もあるくらいなので当たり前なのかも知れないが、「観たい!」と思わせる作品が多い。その短い時間だけで感動してしまうことも少なくない。

 長いこと映画に親しんでいるからか、予告編を観ただけで、これは自分が好きな作品っぽいというのがわかるようになった。ただ「面白そう」ではなく「自分が好きそう」ってのがポイント。これに関しては裏切られたことはない。2004年のマイベスト1「スクール・オブ・ロック」にしても、去年のマイベスト1「エターナル・サンシャイン」にしても。

 今日、東劇まで観に行ったブロードウェイ・ミュージカルの映画化「RENT レント」も、その予告編だけで心奪われていた作品。実際に観た後、数時間経つのだが、その余韻に浸るというより溺れている感じ(笑)。

 ニューヨークのイースト・ヴィレッジに住む若者達の群像劇で、友情、様々な愛の形、生と死・・・を多彩な音楽と素晴らしいパフォーマンスで描かれています。

 ミュージカルってのは、セリフを歌でやりとりすることがあって(当たり前なんだけど、笑)、言葉よりも詞として感情を表現することがこんなに心を動かすものなのかと驚きました。歌ってのは凄いな。ほんと。

 間違いなく今年のマイベスト1候補(ほぼ決まりじゃないかと思ってます)。5つ星でなかったのは、自分の責任。「プロデューサーズ」で予行練習したはずなのに、最初ミュージカル映画についていけないところがあって。。。(恥)秋には舞台版の来日公演もあるそうで、観に行こうかと思ってます。いやー、凄かった。

ここからネタバレです。

続きを読む >>
スポンサーサイト
★5~4.5個 | 21:59:48 | Trackback(0) | Comments(1)
「プロデューサーズ」★★
 前売りを買っておいた「プロデューサーズ」を観てきました。コナンやクレヨンしんちゃんにお客を取られているんだろうなと思ったけど、有楽町マリオンは割と混んでました。

 劇中、観客の笑い声もチラホラ。コメディ映画だからフツーなんだけど、そんなに声を上げて笑うところではないだろうと。ベタな笑いなんだな。おバカ映画にあるような下品なネタだったりするし。

 ミュージカル映画と言うと、「シカゴ」が思い出されるが、やはり同じ感じ。セットや音楽は楽しいんだけど、マシュー・プロデリックもユア・サーマンもどうでもいい感じ。

 ネイサン・レインは芸達者だなあ。「バード・ゲージ」でも見事なカマっぷりを見せてくれたけど、よく体が動くオッサンだな。

 本作は1968年の映画をブロードウェイ・ミュージュカルになって、それをまた映画化してるらしい。観終わって気分は明るくなるけど、評価としては★2つです。ネタバレして言うほどの感想もないかな。

★2.5~1.5個 | 20:57:02 | Trackback(0) | Comments(2)
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」
金曜日。早起きして新宿駅南口へ。高速バスに乗って、会津へ帰省することに。中学時代までの同級生であり、ま、こういう言葉も使うのも嫌なんだが、「親友」というべきの結婚披露宴に出席するためだ。

そんなに頻繁に連絡を取るような間柄ではない。今年でお互い30歳になるが、何年も会ってなかったこともあった。向こうがどう思っているか知らないが、僕にとってはかけがえのない友人だ。

披露宴当日の土曜日。うちは、父親に兄貴も招待されていたので、3人が出席することに。なんとも笑ってしまう。

始まる前は自分のことのように心臓がバクバクしてたが、オープニングの新郎新婦の入場で、Sの緊張した顔を見て、顔がニヤケて仕方なかった。

新郎側の友人代表で挨拶を頼まれそうだった僕の代わりに、が特命をおおせつかったのだが、これがまた笑える。乾杯からとにかく飲みまくる。「飲んだら落ち着いてきた」と言ってること自体、全く落ち着いていないのだ。考えてきた原稿を読ませてもらったが、ほんとに面白かった。彼の面白さはSも僕も知ってるし、それが発揮されれば盛り上がること間違いないのだ。

ただ、いかんせん、ケーキ入刀、ファーストバイト、お色直しと進んだ後、宴もたけなわなんで、友人の挨拶なんて誰も聞いちゃいない。それでもIは一仕事終えて、ホッとしていた。4次会では、兄貴と我が町の未来について熱く語っていたようだ(夢の世界に行ってたのであやふや)。

僕はと言うと、Iを勇気付けるためにハイペースに日本酒を飲み交わし、新婦の友人達が歌う「LOVE LOVE LOVE」は、高砂で新郎の隣で聞いていた(笑)。

さて、クライマックスの新郎の挨拶。内容はあまり覚えていないが、間違いなくSは泣いていて、それを聞いていた僕も号泣してた。人目もはばからず。泣き始めていたのは、花束贈呈後の新婦の挨拶からだったかも知れない。誰から渡されたかも覚えていないミニタオルを顔から離すことはできなかった。

後から聞けば、Sのお母さんよりも、とにかく出席者で一番泣いていたのが僕。なんともお恥ずかしい話だが、泣けて泣けて仕方なかったのだ。弟のように泣き上戸でもないし、中学の卒業式でも泣かなかったのに。自分でも性格的に冷めたところを自覚してるし、あんなに泣いたことが信じられない。何を思い出したかも覚えていない。

実はSとは誕生日が全く同じ。産まれた病院も同じで、時間差で彼が早かった。保育園ではそんなに遊んだ記憶は無い。小学生の頃は、よくつるんでいた。休み時間には僕の席の周りにSも含めた仲の良い男子たちが集まっていた。その頃のSは、持病のぜんそくに苦しんでいて、彼の家で得体の知れない機器を見たのを覚えている。その病気のせいで、松島への修学旅行に参加できなかった。

それでも中学に入ると病気を克服し、同じバレー部に入り、レギュラーとして試合に出るために、ライバルとして共に一生懸命練習をした。ぶっちゃければ、のライバルにもなった。つまらないプライドから告白する勇気もありゃしない僕とは違って、彼は告白をした。結果的に失敗だったかも知れないが、羨ましかった。

3年になれば一緒のチームで県大会出場を目指したが、その夢はかなわなかった。3次会でそんな昔の話もしたっけ。。。

二次会の途中から記憶が断片的な僕。披露宴でタオルを目に当てたせいで、コンタクトが両目ともズレていたことに気付いたのは、宿泊したホテルでいざ寝ようとしたとき。せっかく、新婦の友人達(女子)がいたのに、全く顔が見えないので、「そこまで飲み過ぎたんだ」と自分にヘコんでいただけ(笑)。がっかり。

ビンゴゲームもいつも通り当たらなかったし。がっかり。3次会、4次会で飲み屋のネエチャンが傍に座っても、全く顔が見えないし、営業トークを広げて盛り上げようとも思えなかった。顔がどうとかじゃなくて、反応が見れないので、話ができないのだ。

そんなこんなで、タクシーでホテルに戻り、シャワーを浴びて眠りについた。同級生のTとツインの部屋だったのだが、ヤツが翌日仕事らしく、独りきり。朝気持ち悪くて目覚めて、便器とハグ。チェックアウトの朝10時ちょっと過ぎにひとりでホテルを出た。起こすのを忘れたという兄貴から電話が来る前に、Sから電話。「おまえも早く見つけて、(結婚式に)呼んでくれよ。」「うるせー」。

日曜日。翌日は仕事だったので、その日のうちに東京に戻ってきました。高速バスでのおよそ5時間の旅は楽しかった。休憩のPAでお気に入りの揚げかまぼこを食べたり、披露宴の記憶を思い起こしたり。

今日はちゃんと出社したが、風邪をひいたらしく、頭痛に熱っぽいし、こうしてブログをアップしてるのが奇跡に近い。市販の薬が少しは効いてくれたのだろうか。。。ま、でも楽しかったなあ。結婚したい!とは思わなかったが、幸せになろうとするオーラと、祝福しようとするオーラ、そんなものに包まれた気がして。結婚式って、いいね!

日記&雑談 | 00:41:52 | Trackback(0) | Comments(3)
「ナイロビの蜂」★★☆
先週土曜日にスニーク・プレビューで観てきました。

配給会社を元に前もって予想してましたが。的中です。

感想は今夜アップします。

-----------------------------

すいません。なかなかバタバタしてて先延ばしになっちゃいました。実はこの週末は実家に帰っていました。親友の結婚式に出席したんだけど、その話は来週に書きます。

さて、「ナイロビの蜂」。原題は「THE CONSTANT GARDENER」。直訳すれば“誠実な庭いじりの好きな人”で良いんでしょうか。どちらのタイトルもなんともピンとこない感じですが。。。

監督はフェルナンド・メイレレス。『シティ・オブ・ゴッド』の監督さんで、僕は観てないけど、ドキュメンタリーっぽい映像を交えた映画が特徴みたい。本作も彼らしい(?)映像が満載でした。

主演はレイフ・ファインズ。男前のイギリス人俳優、『イングリッシュ・ペイシェント』で初めて知ったけど、個人的には『レッド・ドラゴン』が良かった。

そして、アカデミー助演女優賞を受賞したレイチェル・ワイズ。ダーレン・アロノフスキー監督との間に子供ができて、その妊婦姿で本作に出演してました。あれはCGとかじゃないはず。その根性にオスカーということなのかな。

個人的には、助演で『ラブ・アクチュアリー』のビル・ナイ、『ブラス!』のピート・ポスルスウェイトが出てて嬉しかった。共に結構重要な役どころ。この二人の顔はどの映画で観ても忘れないな。

泣けるドラマというよりは、最後まで見逃せないサスペンスでした。なかなか良いんだけど、こんな評価に終わりました。

ここからネタバレです。

続きを読む >>
★2.5~1.5個 | 02:15:35 | Trackback(0) | Comments(2)
「サウンド・オブ・サンダー」★★☆
ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング


『エンド・オブ・デイズ』のピーター・ハイアムズ監督、主演エドワード・バーンズのSFアクション。原作はレイ・ブラッドベリの短編なんだそうだ。

予告で初めて知った作品で、SFアクションがここんとこ無かった気がするし、観たいなあと思って前売りを買っておきました。シネコンで公開されなかったので、わざわざ銀座まで足を運びました。

客席は半分も埋まってなかったな・・・力を抜いて派手な映像を楽しもうという人が集まった感じ。上映終了後は、あちらこちらから酷評する言葉が聞こえてきました(笑)。確かに、キャストが地味だから“B級”に格付けされそうな気もしました。

名優ベン・キングスレーが出ているんですが、スキンヘッドのイメージが強いから、白髪のヘアスタイルにちょっと驚き、すぐにサミュエル・L・ジャクソンの顔が浮かんできました。

B級映画とすれば、結構面白い方じゃなかったかな。映像も迫力あったし、全く新しい生き物が登場してきて楽しめた。映画を観ながら、結末はどんな感じで終わるんだろうと思ってて、ふ~んって感じ(笑)。

土曜日に同じアクション映画の傑作『ターミネーター2』を観たので、どうしても比較してしまうといろんな意味でショボい。ただ、個人的に物凄く印象的なシーンがありました(ネタバレなので後で)。

↓ここからネタバレです。

続きを読む >>
★2.5~1.5個 | 20:55:39 | Trackback(0) | Comments(0)
花見に思う
花見


先週の土曜日。埼玉の方まで出掛けて、花見をしてきました。その写真が↑です。桜の樹の下で、バーベキューです。焼き係だったので、花より団子ならぬ、花より焼き具合でした。

前の会社の営業Kさんプレゼンツの企画で、すっかりご馳走になりました。Kさん家族とも初めてお目にかかり、2歳と1歳のお子様がカワイイんだ。子供受けのいい(自分で言うな)僕にしては、なかなか苦戦したなあ。帰る頃にようやく慣れてくれた感じ。

今回の外出で感じたのは、桶川って駅からバスで花見ができる公園まで行ったんだけど、とにかくお年寄りが多いってこと。出発前には席が空いていたので、座ってのんびり景色でも見て行こうかと思ったんだけど、どんどんジイちゃんバアちゃんが増えてくるもんだから、さすがに立ちました。

バスが出発してからも、乗ってくるのはお年寄りばかり。僕から見たらどちらもお婆ちゃんなんだけど(失礼)、お年寄りがお年寄りに席を譲るなんて光景もあって、ちょっとビックリ。高齢者介護の現実、その一端を垣間見た気がしました(考えすぎ?)。

花見に思う、日本の高齢化でした。

日記&雑談 | 01:07:31 | Trackback(0) | Comments(0)
映画検定ってのがあるそうな。。。
 今日会社で「映画検定」なるものの存在を知りました。これは面白い。

 キネマ旬報社/キネマ旬報映画総合研究所が主催。映画の知識が仕事に役立つかどうかは???だけど、映画好きにとっては結構興味深い。

 古典には弱い僕だから、4級は合格できそうな気がする。

ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング








注目! | 01:06:18 | Trackback(0) | Comments(2)
「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」★★
ブログランキングにポチっとご協力を!
人気ブログランキング




ようやく観に行きました。ファンタジー映画は現実逃避できるのが醍醐味だよねえ。それを期待して・・・イヤ別に現実で嫌なことがあったわけじゃないけどね(笑)。 

C・S・ルイスのファンタジー小説をディズニーが映像化。第二次世界大戦下のイギリスが舞台で、主人公はペベンシー家の四兄弟姉妹。

監督は『シュレック』シリーズのアンドリュー・アダムソン。もちろん実写映画の監督は初めて。

原作は全7巻まであって、それぞれの時代も異なれば、登場人物も変わるらしい。今回は“ライオンと魔女”という話。

期待ハズレだったなあ。子供達のやりとりで涙する場面もあったけど、どうも軽い感じがして・・・やはりディズニーなので子供向けに作られてるんだろうか、楽しめなかったなあ。

ここからネタバレ。

続きを読む >>
★2.5~1.5個 | 23:07:12 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。