■FC2カウンター

■カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「トゥー・ブラザーズ」
 今晩、Kさんや弟たちと久しぶりに飲む予定なんだけど、ちょっと集合時間に遅れそうだ。訳あって、自宅待機を余儀なくされている。

一ジャイアンツファンより:
 阪神タイガース及びファンの方々、セントラルリーグ優勝おめでとうございます。 
 大阪府警の方々、ご苦労様です!

最近嬉しく思うこと:
 マジシャンの山上兄弟の弟の方が、笑顔とやる気を見せていたこと

 

スポンサーサイト
日記&雑談 | 17:43:07 | Trackback(0) | Comments(2)
「ザ・インターネット」
 今日は渋谷に行ってきました。相変わらず苦手な場所です。駅から離れていけば閑静なところもあるんだけどねえ。

 さて、面白いサイトを見つけました。「いい言葉ねっと」は、文字通り”いい言葉”とか”名言”を紹介しているサイト。毎日更新する管理者の方も大変でしょうに。

 1コーナーで「誕生日キャラのいい言葉」があって、誕生日を入力すると自分のキャラと宿敵(長所と短所みたいなもの)を教えてくれます。自分のキャラに応じて毎日「言葉」を紹介してくれます。

 僕は、「あったかいん」というキャラ。”ぬくもりある人間関係を大切にする、リーダーもできるかな・・・”だそうです。リーダーは・・・ちょっと(笑)。
 宿敵は「マケナイン」”けっこう負けず嫌いで、遠慮していながら競争している”らしい。諍い好きじゃないんだけどなあ。。。

 もう1つ。「笑いシーク」ってサイトでは、面白いFlashなどが観ることができます。ネットサーファー(死語?)はこういうとこで楽しんでるんだねえ。

 ここで「もすかう」と検索して、このFlashを観てみてください。かなり面白い。ネットの世界では結構有名で、今さらという感じかも知れないけど、「恋のマイアヒ」の次はコレらしいです。確かにキャラが似ている。。。スピーカーから流れる音楽に耳について離れなくなります。

 会社でご覧になるのはオススメしません(笑)。


日記&雑談 | 21:18:56 | Trackback(0) | Comments(3)
「キッド」★★★


 チャールズ・チャップリン製作、監督、脚本、音楽、主演のドラマ作品。初公開が1921年ってのも驚くが、無声映画というのもあって上映時間が1時間弱ってのが意外だった。

 チャップリンがどれだけ有名なコメディアンっていうのは知ってるけど、作品をしっかり観たことはほとんどないんだよねえ。高校時代に音楽の授業で「モダンタイムス」を観て、晩年の彼を観たぐらい。

 無声なのに、泣けたなあ。自分の中でセリフを想像して観てるんだろうな。あの子役が上手いんだ、またー。
 ただ、2時間の映画に慣れていることもあってか、終わり方がちょっとあっけなかったなあ。

 ここからネタバレです。

続きを読む >>
★4~3個 | 21:37:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「月とキャベツ」「8月のクリスマス」




 今日、WOWOW山崎まさよしさんの10周年ライブ生中継があったんだよねえ。わかってはいて、絶対に観ようと思ってたのに・・・放送が午後5時半ってことに気が付いたのが午後6時15分。。。

 くそー、悔しいな。何曲聞き逃したんだろか・・・オープニングは「月明かりに照らされて」だったのかなあーとか色々考えてしまった。う~ん、後悔。

 彼を初めて知ったのはアルバム「HOME」。唯一購入してるのがこれだけだから、根っからのファンっていうわけではないんだけど、いい曲いっぱいあるよねえ。
 映画「月とキャベツ」では役者としての彼、そして名曲「One more time,One more chance」に涙した。

 とりあえず録画したから、後で観るのが楽しみ♪ベストアルバムも出たよなあ。欲しいけど、我慢だな。とりあえず、最近は主演映画「8月のクリスマス」のプロモーションも重なり、テレビの露出が多かった。着うたも何曲か落として、今はカラオケのレパートリーに加えようと企んでいるところ(無謀)。

 まさやんって、いいね!(笑)




日記&雑談 | 19:32:40 | Trackback(0) | Comments(2)
「シルミド SILMIDO」★☆


 韓国で実際に起きた”シルミド事件”の映画化。

 あらすじを、観たいと言ってたKさんから教えられてたので、男っぽい映画なんだろうなあと。まさにその通りだったんだけどね。

 第3班長を演じたソル・ギョングは、いろんな役を演じてるけど今回も男くさい演技してた。

 こういう映画は必要だけど、ちょっと重すぎて、見た時の気分じゃなかったなあと。平和の陰には数々の犠牲があるってことは忘れちゃいけないんだろうねえ。

 この後はネタバレです。


続きを読む >>
★2.5~1.5個 | 23:19:50 | Trackback(0) | Comments(2)
「マイ・フレンド・メモリー」
 久々に前の会社の同期2人と飲みに行った。今思えば、お店とか料理の写真を撮れば良かったが、久々に大好きな日本酒を飲んで酔っ払ってしまった。。。

 飲んだところは、人形町。ウチから近い割になかなか”開拓”することがなかった街だけど、美味しいお店が結構ありそうなんだよね。
 今回行った店は「地酒処 山葵」。新鮮なお刺身とか凝った一品料理がウリで、なかなか美味しかった。店の前にはカラオケBOXもあって準備完了(?)。

 久々に喋った2人も元気そうだった。同期と言っても年下で、それでいてあんまり気を遣う感じでないのが逆に嬉しい。
 また飲むのが楽しみだ。

 あー、なんか風邪ひいたかも。薬飲んで寝よう。。。


日記&雑談 | 01:35:10 | Trackback(0) | Comments(4)
「25時」★★★★


 デビッド・ベニオフ原作、スパイク・リー監督のドラマ作品。脚本もデビッド・ベニオフが担当してます。

 出演者がエドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパーと豪華だっただけに、すごく観たかった。観る前に何も情報を入れなかった。。。やはり映画はこれに限る。凄い良かった。

「25時」は、ある男の人間ドラマであり、友情、愛、人生について考えさせられる、至極の1本だった。

 ここからネタバレです。

続きを読む >>
★4~3個 | 02:03:31 | Trackback(0) | Comments(2)
「ファイティング×ガール」★★★★


 メグ・ライアンが、ボクシング界で最も成功した女性マネージャー、ジャッキー・カレンの半生を演じた実話ものドラマ作品。

 意外にも(笑)、なかなか良い映画でした。どこまで実話に忠実なのか?わかりませんが、「エリン・ブロコビッチ」のような感じで、観終わって清々しい気持ちになれました。
 どうして日本で劇場未公開だったんだろう?メグの前作「イン・ザ・カット」、確かにサスペンスとしてショボかったしコケたけど、映画は中身でしょう。本作はつまんなくは決して無かった。

 共演は、北野武監督作「BROTHER」以降、どうもパッとしない黒人俳優オマー・エップス、TVシリーズ「名探偵モンク」でモンクを演じるトニー・シャルーブほか。

 監督は、本作の中で名トレーナー、フィリックスとしても出演しているチャールズ・S・ダットン。初監督として立派じゃないのー。

 このあとはネタバレ感想。

続きを読む >>
★4~3個 | 21:35:21 | Trackback(0) | Comments(0)
「リディック」★☆


 凶悪殺人犯リディックが活躍するSFアクション。2000年に公開された「ピッチブラック」の続編です。

 主演はスキンヘッドの肉体派(だけど、つぶらな瞳も魅力)ヴィン・ディーゼル。監督は、個人的にお気に入りの、デビッド・トゥーヒー。この人は「アライバル 侵略者」で初めて知ったけど、「ビロウ」もなかなか面白かった。

 本作は「ピッチブラック」での出来事、とんでもない化け物から逃げ延びた一件、から5年後だそうで、確かに続いているんだけど、今度の敵はネクロモンガーという種族で、全体的に映画の毛色が変わってた。 



 このあとはネタバレ感想。

続きを読む >>
★2.5~1.5個 | 22:22:54 | Trackback(0) | Comments(0)
「ミッシング」★★★☆


 「シンデレラマン」★★★★のTV宣伝、ほんと上手い。夏休みのファミリー向けが一通り終わった後に、ちゃんと大人向けの本作を待機させておいて、著名人に「久しぶりにいい」というコピーを言わせるんだから。確かにこういうヒューマンドラマものは、久しくなかったし。

 この映画の監督ロン・ハワード「ミッシング」を観ました。公開当時、劇場で観たかったんだけど観れずじまい。トミー・リー・ジョーンズケイト・ブランシェットの共演なんて魅力あるよねえ。

 舞台は19世紀、ケイト演じるシングルマザーの治療師には娘が2人いて、このどちらも演技が達者なんだ。お姉さんのエヴァン・レイチェル・ウッドって女優、ハリウッドでもかなり期待されてる若手だそうで、確かにキレイ。「シモーヌ」でアル・パチーノの娘役だったらしい(うんうん、キレイだった)。
 妹のジェナ・ボイドは子役の域を超えてる感じ。順調にキャリアを積んで欲しいね。優秀な子役はロクなことないから。。。

 その他、「ロード・・・」シリーズのアラゴルン役の俳優さんと間違えてしまうアーロン・エッカート。ショボイ保安官役に(これまたショボイ)ヴァル・キルマーが出てた(笑)。

 これからネタバレ感想。

続きを読む >>
★4~3個 | 22:40:17 | Trackback(0) | Comments(2)
「ラブストーリー」★★


 「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督、ヨン様と最新作「四月の雪」で共演しているソン・イェジン主演のラブストーリー。

 彼女、まだ23歳だというのに難しい役を演じてるし、かなり売れっこだよねえ。この秋には「私の頭の中の消しゴム」★★★☆も公開されるし。
 ややアゴがとんがってるけど、キレイで可愛らしいんだ。
 
 こないだ公開してた「マラソン」で主演していた、チョ・スンウも出てるんだけど、この俳優さん、どうしてもSMAPの草ナギくんに見えてしょうがない(笑)。男前というか優しそうなんだな。

 ネタバレ感想はこの後。

続きを読む >>
★2.5~1.5個 | 16:40:14 | Trackback(0) | Comments(2)
「深呼吸の必要」★★☆


 長田弘さんの同名詩集を元に、沖縄の離島を舞台に、サトウキビ刈りのアルバイトに集まった若者たちの姿を描いたドラマ。

 監督は「月とキャベツ」の篠原哲雄さん。この監督さん好きなんだよねえ~。特に「月とキャベツ」はホントに素晴らしい映画。韓国映画「八月のクリスマス」のリメイク版でも主演している山崎まさよしさんが良いんだ。

 で、この「深呼吸の必要」は、最近CMに出まくっている香里奈さんが主演、共演は谷原章介さん、成宮寛貴さん、金子さやかさん、久遠さやかさん、長澤まさみさん、大森南朋さんなど。
 これからの映画界を引っ張っていく人達、みんな爽やかな演技をしています。

 舞台となった、おそらく宮古島、サトウキビ畑といい海といい自然の美しさが素晴らしい。今では観光客もたくさん来るそうだが、離島ってのは本当行ってみたくなる。沖縄は一度行ったけど、いいところだよなあ。

 ポイントは、”みなまで言うな”。それぞれの登場人物の背景なんかを丁寧に描くことはないんだな。だから説明不足とも感じるかもしれない。でも、逆にそれがいいのかなあとも。

 「なんくるないさ」っていう言葉に表されるような、人生での”深呼吸”の必要性を描いてて、元気になる映画でした。
 この映画を機に、キビ刈り隊をやってみようと思う人もいるんじゃないかなあ。

 同じタイトルでコミックもあるそうで、映画では描かれなかった恋愛もあるようで、これはこれで読んでみたいなあ。映画で無かったのは良かったと思うけどね。
 
 篠原監督らしい映画でした。あ~、沖縄行きたい。


★2.5~1.5個 | 21:05:40 | Trackback(1) | Comments(0)
「ジョゼと虎と魚たち」★★


 「黄泉がえり」以来売れっ子になったのか、2005年に「タッチ」、「メゾン・ド・ヒミコ」と作品が立て続けに公開される、犬童一心監督作。

 田辺聖子氏の同名短編小説の映画化。妻夫木聡、池脇千鶴共演のラブストーリー&ドラマ作品です。

 「さよなら、クロ」★★★☆に続いて、妻夫木くん特集として観ているわけではないが、今回の役柄はフツーに今どきの大学生で、すごくリアル。女の子が好きだし、バイトもしてる。
 
 そんなあるとき、乳母車に乗って祖母と散歩するジョゼと名乗る女の子と出会うわけ。彼女は足が悪く、身障者なんだな。でも、少しもハンディを背負っているという後ろ向きの意識も無く、本が大好きな子。

 平凡な大学生と身障者の女の子の恋。とはいえ、お涙ちょうだい的な暗い感じじゃないんだな。池脇さんが魅力的に演じてたし、2人の関係が何とも自然なんだなあ。

 でも、個人的に、妻夫木くん演じる恒夫がリアルな大学生であるがゆえに、身障者のジョゼ(くみ子)に惹かれる理由が今ひとつ現実的に感じられなかった。僕自身が偏見に満ちてるのかもなあ。。。

 大学時代に、映画で描かれたような純愛を体験できれば素晴らしかったろうに(遠い目)。エンディングのは印象的でした。


★2.5~1.5個 | 22:13:18 | Trackback(1) | Comments(0)
「ハリウッド的殺人事件」☆


 ハリソン・フォード、ジョシュ・ハートネット共演の刑事コメディ。共演は、レナ・オリンやブルース・グリーンウッド。

 公開されたときも全く観たいとも思わなかったけど、すごい映画だった。コンビが活躍する刑事アクションなんで、「48時間」(割と面白い)とか「ラッシュ・アワー」(ジャッキーだけ)をイメージしてたら、明らかにショボかった。

 狙いは、ハリウッドってところが舞台の刑事モノで、有名な場所とかリアルな実情を描くってとこだとは思うんだけど、全く意味がわからない
 副業をしてる刑事コンビって言われても・・・ふ~んって感じ。

 メインの殺人事件も、なんとなーく追っていって、なんとなーくカーチェイスして、なんとなーく解決みたいな(笑)。

 かなりオススメしません。しばらくすれば地上波でやると思うので、DVDも借りずにお待ちください。吹き替えの方が面白さを提供してくれるかも。

★1個~なし | 19:06:32 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。