■FC2カウンター

■カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■プロフィール

り~ちゃん

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ミリオンダラー・ベイビー」★★★☆
million.jpg


 ついにやった!!ずっと観たかった「ミリオンダラー・ベイビー」の試写会が当たった。
 高ぶる気持ちは抑えて、抑えて。期待し過ぎると、ハズレたときにかなりヘコむ。感想は後日。

 この後の感想は完全にネタバレ!!です。まだ観てない方は読まないことを強くオススメします。

続きを読む >>
スポンサーサイト
★4~3個 | 15:49:56 | Trackback(0) | Comments(2)
「CSI:科学捜査班 シーズン1」★★★
 ついに第1シーズンの全23話を観終わりました。

 最終話のタイトルが「CSI解散の危機」とあったので、かなりドキドキしながら臨んだけど、どうってことはなかった。。。(笑)

 シーズンを通してみると、被害者の家族とか恋人、第一発見者が実は犯人でしたってことが多かった気がする。
 (途中まで観て飽きてしまった)Kさんいわく「パターンが同じじゃん。水戸黄門みたい」

 確かに、死体が見つかってオープニング。いろいろ調査して調査して、そして真相が判明。この一連のパターンは、ほとんど同じなんだよねえ~。
 基本的に一話完結。続いていく話がないから、Kさんのように飽きちゃう人もいるんだろうなあ。

 とはいえ、主人公に挑戦的な連続殺人犯(人形師)はまだ捕まってないし、今後再登場してくるんじゃないかと。シーズン2の1話を観終わりましたが、静かな感じで始まりました。アメリカでは、シーズンを重ねる毎に視聴者を増やしていったので、今後の展開も楽しみです。

 ところで、僕のように(今頃)CSIにハマってる人はいないみたい。ビデオ屋さんでも、僕の他には一本しか借りられてないし(笑)。まあ、いいさ。ゴーイングマイウェイ!


海外ドラマ | 23:44:20 | Trackback(0) | Comments(0)
CSI:科学捜査班 第6話~第14話
 もー、ハマったハマった。Vol.3~Vol.5まで観ました。シーズン1の3分の2を観たことになります。

 基本的に1話完結なんだけど、ちょっと前に登場した人間がまた出てきたりして、凝っています。中でも、主人公グリッソムに挑発的な行動をとる殺人犯、彼は本物ソックリの腕とかを作る仕事をしてるんだが、今後も登場しそう。ライバルってやつかな。

 もう一人は、テリーっていう女性。骨格からその人物の顔などを復元するプロなんだけど、ちょっとグリッソムとイイカンジになるんだな。
 ただ、お互い多忙で、一緒に夕食を共にしても、グリッソムのポケベルが鳴っちゃう。ケータイでも呼び出されて、気が付くと彼女は去って行ってしまった・・・悲しい~。

 これまで観ていくと、死体が見つかりCSIの捜査が進み、それが殺人だったとき容疑者が浮上するんだけど、こいつらがホント何食わぬ顔で生活してるんだ、これが。
 平気でウソつくしトボけるし・・・結局はCSIが証拠を見つけ逮捕される。それにしても人間は怖い

 Kさんに試しに1枚また貸ししたら、「初めから持ってきてよ!」となかなかお気に召したよう。また一人、CSIウォッチャーを生み出してしまったようです(笑)。
 今週、残りの3枚を借りたい。シーズン4まであるから、楽しみは尽きない


海外ドラマ | 23:59:45 | Trackback(0) | Comments(2)
「みんなのうた」★★★


 去年のアカデミー賞で、歌曲賞にノミネートされた“A Kiss at the End of the Rainbow”。劇中のフォークデュオ、ミッチ&ミッキーがそのまんま登場して歌ってたのが記憶に残ってた。

 「この人達は誰?」っとずっと思ってて、ようやく本作を観ることができました。映画は、ドキュメンタリー風に作られてて、あるプロデューサーを追悼するためにフォークシンガー達が集められコンサートを開くまでが描かれているんだけど、なかなか面白い。

 このフォークシンガー達(出演者全員)が、かなり個性的。訳のわからない”色のおまじない”にハマってる夫婦やら、おっさんトリオ、一発ギャグ好きの男などなど。そんな中、ミッチ&ミッキーは当時誰もが羨むカップルだったのに・・・っていう過去があって、再結成もなんだか気まずい感じ。

 ニヤリってする笑いが溢れてて、最後のコンサートが特に楽しめます。DVDにはこの架空のコンサートの模様を放送したテレビ番組がそのまんま収録されてるのもおかしい。

 強くオススメはしないが、フォーク音楽は聴いていて癒される感じもするので、興味あればどうぞ。


★4~3個 | 02:22:31 | Trackback(0) | Comments(2)
「トゥルーコーリング」


 こないだ観た「アイ,ロボット」のDVDには思いがけず特典が付いていて、最近テレビでデーモン閣下が宣伝している「トゥルーコーリング」の第1話を観ることができた。

 モルグ(死体安置所)でアルバイトしながら医大を目指す研修生のトゥルーって女の子が主人公。彼女には、ある特殊能力を持ってて(与えられてて)、”奔走”するって話(かなり省略)。

 ぶっちゃければ、「ラン・ローラ・ラン」のパクリ。詳しくは言わないけど、大体わかるんじゃないかな?
 本格的なレンタル開始は今月13日から。ブームになるかどうかはわかりませんが、興味あればどうぞ。

 今回は第1話だけだし、評価の星は付けませんでした。今は、本作よりCSIに夢中(笑)。


海外ドラマ | 00:30:59 | Trackback(1) | Comments(4)
「アイ,ロボット」★★★☆


 SF小説の巨匠アイザック・アシモフの『われはロボット』が原作のSFアクション。

 2035年のシカゴが舞台(ほんとに近未来)。”ロボット3原則”ってのがあって、それを基に人間とロボットが共存している世界が描かれてます。

 この”3原則”ってのは、要は人間に危害を与えず命令を遵守しながらも自己を守るってもの。
 世の中はロボットと暮らす便利な生活に満足してるんだけど、主演のウィル・スミス演じるスプーナー刑事だけは、頑なに「ロボットなんて信じられん!」と。

 彼の知り合いだった博士ジェームズ・クロムウェル←「ベイブ」のおじいさん)が謎の自殺をして、何やらとんでもないことが起きそうな予感。起きるんだけど。

---------------------------------------------------------
 なかなか面白かった。哲学的っぽいところは理解できなかったけど、単純なアクション映画じゃなくて、主人公のバックグラウンドが徐々に明らかになったり、ドラマ作品っぽいところも気に入りました。

 ウィル・スミスの体が凄かった!!「アリ」ぐらいに鍛えたんだろうか?オープニングから裸を見せる意味はわからなかったが、ロボットと人間(肉体)の対比?考え過ぎ?(笑)

 相手役の女優さん(ブリジット・モイナハンって人)、博士役で背筋もピンっとしてるんだけど、なんか魅力は感じなかったなあ。別に彼女じゃなくても良かったのかな?と。

 まさか続編は作られないだろうとは思うんだけど、なんかちょっとだけ匂う。作られたとしたら、助演ロボット賞(?)にノミネート間違いなしのサニーも必須だなあ。
 そのときは映画館で観るかも知れません。


★4~3個 | 19:41:45 | Trackback(0) | Comments(2)
CSI:科学捜査班 第3話&第4話&第5話
 Vol.2を観ました。ちなみに、CSIは”CRIME SCENE INVESTIGATION”の略です。

 Vol.1で気になっていた、ウォリックって捜査官と判事(ムカツク悪)の関係が円満に解決して拍子抜け。行く行くとんでもない事態になっていくんだろうなあと勝手に予想していた僕も悪いんだけどね(笑)。

 主役のグリッソム(主任)は本当に”仕事中毒”。かつ、昆虫好き(タランチュラを眺めて喜んでた)。
 冷静沈着な彼が、声を荒げていた場面が印象的。この世で許せない奴らを語った。「妻に暴力を振るう夫、子供に性的虐待をする大人、青少年にドラッグを売るヤツ」
 
 真似して・・・僕が許せない奴ら。「歩きタバコで闊歩するヤツ、痴漢、自分の匂いに気付かないオヤジ」
 スケールちっちぇー(笑)。

 DVDには次回予告ってのが特典で付いてて、観るとちょっとネタバレなんだけど、どうしても気になって観ちゃいました。
 いやあ、かなりハマってきたかも。Vol.1だけだとそうは思わなかったけど、Vol.2、しかもその予告でやられたなあ。今後の展開はどうなってしまうんだろうと気になってしょうがありません。

 いや、まいった。


海外ドラマ | 00:49:45 | Trackback(0) | Comments(0)
CSI:科学捜査班 第1話&第2話
 子供の頃から2時間ドラマが好きで、特に推理モノなんかは楽しみにしてました。大人になって観ると、こうも犯人がわかりやすいとは夢にも思わなかったけどね(笑)。

 そんな中、火曜サスペンス劇場の「警視庁鑑識班」シリーズも結構好きで(連続ドラマにもなった)、指紋採取やルミノール検査、DNA鑑定など、リアルな最新鑑識技術には驚かされます。

 当然こっちの方が早いんだろうけど、アメリカのテレビドラマで「CSI:科学捜査班」ってのが凄い人気らしく、今回初めて第1シーズン(第1話、第2話)を借りて観ました。



 舞台はラスベガス。カジノとかネオンで華やかなところで、毎日事件があるわけ。刑事だけでなく、科学捜査官も実際に捜査してるんだろか・・・ほんとのところ。
 基本的に一話完結。事件は複数あって、それがどんな風に解決されるかわかるまでが面白いところ。

 「24」は、1話1時間の24話なので、続きモノだから、どうしても先が観たくて仕方がないわけ。その点で、このドラマは別に続けて観なくても良いかなあとは思うな。なんかメインストーリーみたいなのは匂わしてるけど。

 とりあえず、DVDはVol.2まで借りているんで、第5話まで観て、その後を観るか考えます。


海外ドラマ | 22:36:20 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。